本文へ

学科の特徴

生命システム工学科は、生物学に関するさまざまな分野の研究・教育を通じて、境界・融合領域にまたがる新たなバイオテクノロジーでのイノベーションをめざします。「分子生物工学」、「環境生物工学」、「メディカル生物工学」の3系統を研究フィールドとし、生化学、遺伝学、生理学、分子生物学、細胞生物学、有機化学など多岐にわたる手法から幅広い研究を展開します。

 

〔研究キーワード〕

「生物」のコミュニケーション、植物科学、高機能微生物、受容体、膜たんぱく質、抗体、バイオ医薬、海馬・視床下部、うつ治療、遺伝子発現、RNA・遺伝暗号・生命の起源、医薬モデル生物工学、がん、ウィルス感染、免疫、分子細胞生物学、生命現象、発生・分化、性決定 ほか