本文へ

カリキュラム

 

生命システム工学科は、生物学に関するさまざまな分野の研究・教育を通じて、境界・融合領域にまたがる新たなバイオテクノロジーでのイノベーションをめざします。「分子生物工学」、「環境生物工学」、「メディカル生物工学」の3系統を研究フィールドとし、生化学、遺伝学、生理学、分子生物学、細胞生物学、有機化学など多岐にわたる手法から幅広い研究を展開します。

 

<研究キーワード>

「生物」のコミュニケーション、植物科学、高機能微生物、受容体、膜たんぱく質、抗体、バイオ医薬、海馬・視床下部、うつ治療、遺伝子発現、RNA・遺伝暗号・生命の起源、医薬モデル生物工学、がん、ウィルス感染、免疫、分子細胞生物学、生命現象、発生・分化、性決定 ほか

カリキュラム

  • 1年次
    必修科目

    有機化学1・2/遺伝学/細胞生物学2/微生物学/生物分析化学
    食品工学/バイオインフォマティクス/デザイン思考入門

    選択必修科目

    微分積分学1・2/線形代数学1・2
    物理学1・2/生物工学

    選択科目

    プログラミング基礎

  • 2年次
    必修科目

    生命科学系キャリアパス/生命システム工学実験1・2

    選択必修科目

    生化学1・2/酵素システム科学

     

    遺伝子工学分野/植物・環境工学分野/再生・発生工学分野/細胞工学分野
    遺伝子工学基礎/遺伝子工学
    分子遺伝学
    分子生物学/細胞生物学1
    発生学/生理学
    薬理学概論/生理化学
     

    免疫工学分野
    分子細胞免疫学/免疫学

     

    生物有機化学分野
    有機化学3/生体物質化学

    選択科目

    生物統計学/植物生理学/知的財産概論/物理工学講義実験/電子システム工学講義実験
    マテリアル創成工学講義実験/デザイン思考基礎

  • 3年次
    必修科目

    生物有機化学実験/遺伝子工学実験
    細胞生物学実験/構造生物化学実験
    分子遺伝学実験/分子生体学実験
    生命科学と安全論

    選択科目

    応用微生物工学/環境化学
    生物相互作用論/デザイン思考実践

     

    遺伝子工学分野/植物・環境工学分野/再生・発生工学分野/細胞工学分野
    細胞機能学/植物分子生物学/ケミカルバイオロジー
    発生工学/ゲノム解析概論
    環境生物工学/がんの生物学1・2
    神経薬理学/再生工学

     

    免疫工学分野
    免疫工学/医療工学/病態と生理学

     

    構造生物学分野
    生物物理学/タンパク質の構造と機能
    タンパク質構造論/構造情報生物学

     

    生物有機化学分野
    RNAと遺伝暗号の科学/糖質工学

  • 4年次
    必修科目

    卒業研究
    生命システム工学演習

大学院生からのメッセージ

  • 生命システム工学専攻修士2年 荘司朋子さん