本文へ

研究室の紹介

  • 飯田 努
    教授
    飯田 努 研究室
    化石燃料の大量消費により深刻化している地球温暖化を改善するためにエネルギー変換半導体材料を開発しています。再利用可能エネルギーである太陽エネルギーを源とし、われわれの生活レベルの向上とともに著しく増加している電気エネルギーを高効率に生成させる太陽電池材料や、水を光分解して水素を生成する半導体光触媒、そしてエネルギー消費の最終的な形態である熱エネルギーを回収し再利用するための熱電変換材料の開発を目標としています。また、環境半導体とは、地球上に豊富に存在し、生物・地球環境に優しい材料から構成される半導体材料のことです。
  • 石黒 孝
    教授
    石黒 孝 研究室
    私たちの棲む地球は水の惑星です。従って化学反応の多くは水中で生じます。本研究室では水中反応種の分子振動をその場観察できる赤外線分光システムを開発しました。生命代謝の基本:ATP の分解反応、光合成反応、水分子の構造変化、細胞内の反応などみずみずしい反応場がそこにはあります。
  • 上村 真生
    講師
    上村 真生 研究室
    高分子ナノ材料の医療応用は長年にわたって研究されており、その過程において、これらの材料が生命科学の謎を解くための有力なツールとなりうることが注目されてきています。私たちは、さまざまな特性を持つ高分子ナノ材料を作製して、細胞の中で起きている現象を「測る」ことや、細胞の機能を 「操る」こと、さらには材料と細胞の間に発生する “力” を科学する 「メカノバイオロジー」の研究に取り組んでいます。
  • 菊池 明彦
    教授
    菊池 明彦 研究室
    人工臓器に代表される医療用材料(バイオマテリアル)は、生体に触れて用いられ、特徴的な機能を発揮します。最適な機能を得るには、バイオマテリアルの表面物性や形を考慮し設計・調製することがきわめて重要です。私たちは、バイオマテリアルを考え、合成した材料と生体成分との相互作用を制御することで、目的の生体成分を分離・分析し、また診断・治療を行い、生体(生理)機能を最大限に発揮し得る新しいバイオマテリアルの開発を目指して研究しています。
  • 向後 保雄
    教授
    向後 保雄 研究室
    すべての構造を作るには材料が必要です。材料の作り方や、その材料が持つ機械的特性を把握して初めて構造を設計・製作することが可能になります。これは機械構造体に限ったことではなく、機能性が重要となるデバイスでも同様です。本研究室では、極限環境で用いられる宇宙用構造体や、エネルギー関連デバイスである熱電発電デバイスへの応用を目指して、主に複合材料について研究しています。ここでは熱・機械的性質の観点から、高性能な材料の成形プロセス開発、その材料の特性評価、また、その特性を発現するメカニズムについて研究しています。
  • 小嗣 真人
    教授
    小嗣 真人 研究室
    本研究室ではグリーン社会の実現に貢献する機能材料の研究に取り組んでいます。物質のナノ構造を作り込むとともに、量子ビームを用いて機能の根源となる電子スピン状態を明らかにします。さらには情報科学(AI技術)の活用により、物質機能をデザインしていきます。具体的にはレアメタルフリー磁性材料やグラフェンを中心に、ありふれた元素で優れた機能をもつ新材料の実現を目指します。
  • 小柳 潤
    教授
    小柳 潤 研究室
    2種類以上の材料を効率よく複合し卓越した機能を有する複合材料は、今後さらなる発展が見込まれています。近年特に航空宇宙分野で適用が大幅に拡大している炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の力学的研究を主として実施しています。衛星やロケット、航空機の設計基準に寄与すべく、長期耐久性、強度信頼性、初期損傷の発生等を計算力学、実験力学双方の観点にて研究を遂行しています。
  • 曽我 公平
    教授
    曽我 公平 研究室
    「見えないものを見せる」ためのイメージングのための材料工学の研究をしています。特に、目に見える光よりも波長が長い近赤外光を用いて、体表から数cmの病変や生命現象を見えるようにすることで、蛍光材料や新たな分光デバイスを使い、がんの発見や生命現象の解明のための革新的なイメージング技術を創出しています。
  • 田村 隆治
    教授
    田村 隆治 研究室
    金属材料は、異種元素を混ぜ合わせて合金もしくは化合物にすることで優れた個性を発揮します。わずか2元素でもその種類や割合によって膨大な数の合金が存在し、3元素以上となるとそこは広大無辺の未開拓領域です。本研究室では、準結晶や正20面体クラスター化合物など多自由度を有するハイパーマテリアルにおいて、原子、電子、スピンの振舞いを自在に制御し、新たな現象や機能を追究しています。
  • 西尾 圭史
    教授
    西尾 圭史 研究室
    光、電気、構造などの優れた特性を持つセラミックス材料をゾルーゲル法という溶液から金属酸化物を合成する方法や放電プラズマ焼結法という新しい焼結技術を用いてセラミックスを作製し、その特性評価を行っています。さらに、機能性セラミックスの機能向上、新規機能性セラミックスの開発などを進めています。
  • 古江 広和
    教授
    古江 広和 研究室
    「液晶」は、液体と固体結晶の間に現れる第4の物質状態。液体と結晶の性質の協奏が、特異的な高機能性を発現します。液晶ディスプレイはその代表例。一方で、液晶状態はまだまだ未知の部分が多く謎だらけ。生物とも密接に関係し、神秘的な世界を魅せてくれます。我々は、多種多様な液晶状態の性質を解明し、液晶状態を利用して材料の高機能化・新奇特性の発現を目指しています。光学材料、半導体材料、機械材料、生体材料など、液晶研究は夢が大きく広がる発展途上の分野です。
  • 安盛 敦雄・勝又 健一
    教授・准教授
    安盛 敦雄・勝又 健一 研究室
    ガラスは、はるか昔から窓や容器に使われている透明で美しい材料ですが、優れた光・化学・機械的機能も持っています。光通信システムやディスプレイ、あるいは医薬・化成品は、ガラスが無ければ製造することができません。私たちは、このガラスの持つ多様な機能を進化させると共に、他の材料とも複合化することで、エネルギーや環境、バイオ・医療分野などで役立つ高機能な材料の創製を目指しています。
  • 渡邊
    〇〇〇
    渡邊 研究室
    〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○
  • 梅澤 雅和
    講師
    梅澤 雅和 研究室
    材料の機能は形状、化学構造、立体構造といった「構造」で決まります。特に私たちは、バイオ・医療分野で用いられる高分子の立体構造が液相中で動的に変化すること、さらにナノスケール微小環境で独特のふるまいを見せることに注目しています。ナノテクノロジーとバイオロジーの融合研究による革新的な複合材料の創出を目指し、生命現象ひいては「健康」を可視化・制御していくことを目指した研究を進めています。
  • 前田
    ○○○
    前田 研究室
    〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○〇〇〇〇〇〇〇〇〇○