circle01 arrow03 arrow01 arrow02 mainxisual_arrow01 more01 file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

course コース紹介

横断型コースデジタルトランスフォーメーションコース

デジタルトランスフォーメーションコースオリジナルサイト

デジタルトランスフォーメーションとは、情報技術と現実を結びつけ、融合を進めていくとともに、その過程で変化を引き起こすことを意味します。デジタルトランスフォーメーションが扱う課題には、情報化社会をより便利で効率的なものにするために、人とコンピュータの関係を深化させることが含まれます。この関係の深化を目的とした研究には、コンピュータを人に近いものにする人工知能の研究や、コンピュータをより直感的に扱えるようにするユーザインタフェースの研究があります。これらの研究を例に、デジタルトランスフォーメーションコースが目指すブレイクスルーとは何か、その一部を紹介します。

数理的基盤の進化

人工知能は、統計的AIと記号的AIに大別することができます。最近流行りの深層学習は統計的AIに含まれ、その生物的な不確定な振舞いが統計的AIをブラックボックスにしています。この不確定部分を組合せ論によって定式化する試みがなされています。一方、記号的AIは、古典論理に基づいているものがほとんどですが、より普遍的な論理に向けて、トポス圏論的論理などの研究が試みられています。

並列分散処理

記号的AIは、統計的AIと違い、結果の理由が理屈として示される安心安全な人工知能とも言えます。その一方で、並列処理によって大量のデータを扱える統計的AIに比べ、処理の複雑さから並列処理が難しく、大量のデータを扱えないという問題がありました。この問題に対して、記号的AIをクラウド上で分散処理することによって、大量のデータを扱えるようにする試みがなされています。

ARとVR

コンピュータ上の表示形式としてAR(拡張現実)やVR(仮想現実)が注目されていますが、ただリアルな表示形式としてだけではなく、CGで表した命令を、手でつなぎ合わせるようにしてプログラミングを可能にしたり、視線とAR/VRを組み合わせることによって、手を使わずにデスクトップの操作を可能にするユーザインタフェースの研究などが試みられています。

ゲームの理論と開発

人工知能やユーザインタフェースを含む情報科学の総合技術の先端的な応用の一つはゲームです。さらに、多くのオンラインゲームは、ユーザの大量な情報を集め、数理的に分析することによって、ゲームの質へのフィードバックを行っています。ゲームの理論と開発は、情報科学のブレイクスルーについて、多くのヒントを含んでいます。