本文へ
※学部・学科・授業の名称は構想中であり、変更となる場合があります。

先進工学部 Faculty of
Advanced Engineering

基礎科学 × 先進工学 × デザイン思考で
現在と未来にイノベーションを生み出す

NEWS

学科一覧

  • 電子システム工学科
    DEPARTMENT OF APPLIED ELECTRONICS

    デバイス工学、情報工学、計測・制御工学など
    世界の次世代インフラを構築する。

  • マテリアル創成工学科
    DEPARTMENT OF MATERIALS SCIENCE AND TECHNOLOGY

    膨張した人類文明の未来を担う
    マテリアルイノベーションを起こす。

  • 生命システム工学科
    DEPARTMENT OF BIOLOGICAL SCIENCE AND TECHNOLOGY

    生命の神秘を解明しながら
    食や健康など、人類のQOL 向上に貢献する。

先進工学部とは

1987 年に設置された「基礎工学部」は、エレクトロニクス、ナノテクノロジー・材料、バイオテクノロジーに象徴される既存の分類を超えた新たな学術分野と、技術の創出をめざす学部として誕生しました。その後の社会は、グローバル化の進展から課題が多様化・複雑化し、新たな学問領域も登場してきました。こうした変化に対応すべく、基礎工学部の学びを継承し、強化するため、2021 年度より名称を「先進工学部」に変更し、従来の3 学科も「電子システム工学科」「マテリアル創成工学科」「生命システム工学科」に改称します。さらに2023 年度には「物理工学科」「機能デザイン工学科」の2 学科を加える計画で、学びのフィールドを拡充し、多様化し複雑化する現代社会の課題解決のために、新たなイノベーションの創出とそれを担うイノベーティブな人材の育成を行います。

先進工学部の特色

イノベーションを起こす学び

  • 先進工学部の学びの特徴は、「イノベーションを起こす」ことを目標としていることです。
    それは、数学・物理学・化学・生物学などの基礎科学領域を「縦糸」、電子・材料・バイオ・機械・情報などの先進工学領域を「横糸」とし、デザイン思考を通してこの「縦糸」と「横糸」を有機的に織り成す学び。そこから生じる「学際イノベーションフィールド」は、イノベーションを生み出す豊かな土壌となって、現代社会が抱える課題を解決する新しいアイデアや技術を生み出していきます。

  • 研究室や学科の間を仕切る壁をできる限り低くすることで、互いの研究成果や課題を共有し、分野融合的な「研究分野の壁を越えた教育と研究」を実践していくのも大きな特徴。さまざまな事柄を融合する学びで、現代科学・現代産業、未来科学・未来産業でイノベーションを次々と生み出すことができる人を育てます。