東京理科大学 TOKYO UNIVERSITY OF SCIENCE

理工学部 理工学研究科

2023年4月より「創域理工学部」へ名称変更

2023年4月創域理工学部への名称変更に伴うメタバースイベントを開催 (開催報告7/8)

2022年7月8日(金)に、VRChatを活用した学術イベント『メタバースで「創域」の可能性を探る~VRChatで異分野交流を~』が開催されました。

東京理科大学 理工学部は2023年4月に「理学と工学の新しい領域と価値を創造する」という想いを込め、『創域理工学部』へ名称変更します。本イベントは理工学部の『創域』活動の一環として、メタバース関連サービスの一つである『VRChat』を使い、異分野交流イベントとして実施されました。

開催の挨拶では、石川正俊学長がリアルアバターとなって登場しました。ご本人のそっくりのアバターの登場に、会場にどよめきが起こりました。

石川学長(リアルアバター)
会場の様子(リアル)

イベント前半では、建築学科の宮津裕次准教授がリアルタイムで地震実験を行い、その様子をVRChat上で中継しました。また、国際火災科学専攻の水野雅之准教授による3D映像を用いた火災実験のプレゼンテーションが行われ、VRを生かした臨場感のある映像に、参加者からは驚きの声が上がりました。

イベント後半では本学教員による研究発表や、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント (SIE)、株式会社内田洋行からデジタルとリアルを融合するロボットトイ「toio(トイオ)」の研究や教育における今後の可能性についてのポスターセッションがあり、参加者と白熱した議論が行われていました。

地震実験の様子(バーチャル)
ポスターセッションの様子(バーチャル)

イベント最後には会場全員で仮想空間上のホワイトボードに寄せ書き、記念撮影があり、盛況の内に幕を閉じました。

集合写真(バーチャル)


集合写真(リアル今回のイベントの様子はこちらより動画をご覧いただけます。
https://youtu.be/AYSrCPSXMiM

■ 理工学部Webサイト
https://dept.tus.ac.jp/st/
理工学部・理工学研究科は、2023年4月に「創域理工学部・創域理工学研究科」に名称を変更します。 それに先立ち、「創域」に込められたメッセージを発信すべく、Webサイトをリニューアルしましたので、ご覧ください。

■ 学部再編サイト2023
https://www.tus.ac.jp/reorganization/2023/

カテゴリ:

  1. TOP
  2. ニュース
  3. 2023年4月創域理工学部への名称変更に伴うメタバースイベントを開催 (開催報告7/8)